大学と専門学校では看護師としての違いはあるの?

看護師資格を取得するには、大学で指定の単位を取得して国家試験を受け、合格する方法と、専門学校で単位を取得する方法とがあります。さて、専門学校を出るのと、大学を出るのとでは、看護師として違いがあるのかというと、ほとんどありません。看護師資格は、どこの学校を出たとしても、指定された単位をきちんと修めて試験に合格しさえすれば、同じだけの技術が認められたということとなりますので、与えられる仕事には差はないのです。ただし、大卒のほうが、給料が少しよかったり、昇進に有利である場合があります。また、大学によっては、保健師資格や助産師資格も同時に取得できるカリキュラムが用意されていることがあります。一方で、専門学校の場合は、3年間で卒業でき、入試も作文と面接だけといった比較的入学が容易な場合が多いのです。さらに、卒業して看護師免許を取得してから大学に編入し、さらに保健師資格や助産師資格を取得することもできますので、比較的自由度が高いと言えるでしょう。しかし、看護師という職業の最大のメリットである、就職・再就職の容易さは、いずれの場合でも共通ですので、どちらのルートで看護資格を取得するかは、授業料や学校の立地なども考慮して決定するのがよいでしょう。