看護師や保健師免許は必要

学校の保健室にいて、具合が悪くなったり怪我をしたときにお世話をしてくださるのが養護の先生ですね。私は今の今まで看護師か保健師さんなのだと思っていましたら、実は違います。養護教諭になるためには看護師や保健師免許は必要ないんだそうです。では養護の先生はどうやったらなれるのでしょうか?一番多いパターンは、教育大学か大学の教育学部で必要な単位を履修教員免許を所得します。また体育学部、栄養学部、福祉学部、心理学部などの教育学部以外の大学から養護教諭の免許をとれる大学もあります。少ないようですが、看護学部から必要な単位を履修して養護教諭の免許をとれる大学も出てきています。そもそも養護教諭とは?と調べてみると、学校の正規教員で学校における保健に関する管理をおこなう保健主事。健康診断・水質や照度・空気などの環境衛生検査や保健衛生知識の普及と啓発教育などで、養護と保健全般を担当します。 することによってそれを払拭することができ、行動スムーズに行うことができるようになるでしょう

学校職員の学校医

女性に限らず男性の養護教諭もわずかですがいらっしゃいます。保健師の資格があれば文部科学省令で定める4科目8単位を取り、都道府県の教育委員会への申請することで、養護教諭二種免許をとることができます。養護教諭は3年以上勤務することで学級担任や保健体育の教科担任などと協力して健康教育や性教育に関わることもあります。一方、学校職員の学校医(校医)は教員ではなく医師です。ほとんどの場合は非常勤の職員で、保健室には常駐しない近隣の開業医です。健康診断での診察や、怪我や疾病などの処置そして健康に関する講和などが仕事内容です。養護の先生に憧れる学生は多いようですが、実際には非常に門戸が狭く競争率が高くなっています。その年の都道府県にもよりますが、10倍とも言われています。新卒で採用されるのは半数で、臨時教員ととして働きながら採用試験に臨む人も多いようです。少子化の影響で教員自体の採用が減ってきています。特に養護や音楽など専門性の高い教諭の採用が減っているとのこと。担任の先生とは少し違う立場でやさしく接してくれる養護の先生、実はものすごいエリートだったのですね。 託児所 看護師するのに非常に恵まれた環境です。